Wh~疑問文の作り方-2(平叙文への遡り方)

 前回の「Wh~疑問文の作り方-1」では、

A:[What do you have in your hand?](手に何を持っているのですか。)
B:[What makes you so happy?](何があなたをそんなに幸せにしているのですか。)

の2つについて、
Aは、
[You have (???) in your hand.]
から変形を経たということ、
Bは、
[(???) makes you so happy?]
から変形を経たということを分析しました。


 今回は、
なぜ、

A:[What do you have in your hand?]
が、
[You have (???) in your hand.]
に遡るのか?
B:[What makes you so happy?]
が、
[(???) makes you so happy?]
に遡るのか?

を検討します。


 まずは、

A:[What do you have in your hand?]

からです。
 この文で、[What]以降を平叙文に直します。つまり、
[(What) do you have in your hand?]を平叙文に直します。
すると、次のようになります。
[(What) you have in your hand.]
ここで、1つ文法知識が必要となります。
[have]は一般動詞ですから一般動詞を含む文を疑問文にする場合は、[do],[does]や[did]を文頭に付けるという文法知識です。
そうであれば、[do],[does],[did]を取り除けば平叙文になります
[am],[is],[are]の[be動詞]と疑問文の作り方が違うということを押さえておく必要があります。[be動詞]の場合は主語と[be動詞]の語順を変えることで疑問文になります。
[You are Japanese.]
を疑問文にすると、
[Are you Japanese?]
となります。

次に、
[(What) You have in your hand.]
ですが、[have]が他動詞である、という知識を押さえておく必要があります。他動詞の場合、動詞の直後に目的語が置かれます。
目的語になることができるのは“名詞”であるという知識も必要です。
そのうえで、
[(What) You have in your hand.]
を再度見てみましょう。
[have]の直後には前置詞の[in]が置かれています。[in your hand]は、文法的には前置詞句と呼ばれます。前置詞句が名詞であることはありません。そうしますと、他動詞[have]の直後には名詞が置かれていない、ということになり、目的語が欠けているということがわかります。
この[have]の目的語として置かれていた語があったはずです。
このことを文にしますと、
[You have (???) in your hand.]
となります。
(???)が目的語です。その目的語がわからないので(???)と表記しています。その(???)の部分が[what]になるのです。
[You have what in your hand.]
だから、
A:[What do you have in your hand?]
の[what]は目的語としての[what]となるのです。
以上から、
A:[What do you have in your hand?]
から遡っていくと、
[you have (???) in your hand.]
に至ることがわかったのではないかと思います。


 要するに、Aの文から平叙文に遡るためには、文法知識として、次の6つが必要だったということです。

1 一般動詞の疑問文の作り方
2 [have]が他動詞であること
3 他動詞とは、動詞の直後に目的語が置かれる動詞のこと
4 目的語になることができるのは名詞であること
5 動詞の直後にある[in]は前置詞であること
6 [in your hand]は前置詞句であり、名詞ではないこと

 B:[What makes you so happy?]
の文については次回に検討します。

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

お手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です