過去形?受動態?過去分詞?【東大英語を題材に英文の構造を把握する】(2017年度-必修編1)01

例文

According to one widely held view, culture and country are more or less interchangeable.

 東京大学2017年度の英語二次試験必修編から検討します。

単語の意味

more or less=おおよそ
interchangeable=取り替え可能な

構造

According to one widely held view, culture and country are more or less interchangeable.

構造』は、このようになります。

[held]は何でしょうか?

According to one widely held view,

 この[held]は、どうも動詞[hold]の過去形にも見えます。
 文法的にどう考えればよいのでしょうか?

[held]の可能性

 可能性としては、
1、過去形([hold]の)
2、受動態
3、過去分詞
があります。
 この3つのうちどれでしょうか?

[hold]の過去形?

 この文で、[held]が[hold]の過去形ということはありません。
 なぜなら、この文の動詞は、[are]だからです。
 さらに、なぜ、[are]がこの文の動詞なのでしょか?
 それは、「主節」、「従属節」の理解にかかわってきます。
 英語では、主節の文が、「主節」というネーミングからも明らかなように「主」です。その「主」に従う「従属節」よりも「主節」が(比喩的に言えば)強いですから、主節内の動詞が文の動詞となります。
 一つの文に動詞は一つであるのが原則ですから([and]などがある場合は別です)、主節の[are]が動詞である以上、[held]が動詞[hold]の過去形であることはありえません。
 ですので、[held]が動詞[hold]の過去形である可能性は否定されます。

受動態?

 次に、受動態はどうでしょうか?
 この可能性もありません。
 なぜなら、受動態の公式は、

be動詞+過去分詞

であるところ、この文では、[held]の前に[be動詞]がないからです。
 ですので、[held]が受動態である可能性もありません。

過去分詞!

 残る可能性は「過去分詞」しかありません。
 そして、これが文法的に正しい理解となります。

過去分詞とは?

 分詞とは、簡単に言えば、動詞でもあり、形容詞でもある「詞」のことです。
 「詞」が動「詞」形容「詞」に分かれているため、「分詞」なのです。
 そして、「過去分詞」は、「現在分詞」とは違って、基本的に受け身的に理解されます。
 ですので、

According to one widely held view,

は、

一つの広く保持された見解によれば、

という意味になります。

今回のポイント

 今回の文法上のポイントは、次の4点です。

1、過去形
2、受動態
3、過去分詞
4、主節・従属節

 どの事項も必ず学校で習うはずの基本中の基本です。
 このような基本的な文法事項を用いて、実際の文を読み解く作業を意識して実践していけば、そのうち、特に難解な文ではないかぎり、文法を意識せずとも英文を読むことができるようになります。

---続---

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

お手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です