挿入のカンマに要注意!【東大英語を題材に英文の構造を把握する】(2017年度-必修編1)06

例文

A hundred doctors from different countries, for example, are much more likely to share attitudes than a hundred Britons from different walks of life.

 引き続き、東大の英語二次試験問題からです。

単語の意味

attitude=態度・考え方(名)

構造

A hundred doctors from different countries, for example, are much more likely to share attitudes than a hundred Britons from different walks of life.

 『構造』は上のようになっています。

文法事項

 今回取り上げた文に難しい文法事項は何もありません。
 ただ、主語(主部)と動詞が離れています。

挿入のカンマ(コンマ)

A hundred doctors from different countries, for example, are much more likely to share attitudes than a hundred Britons from different walks of life.

 [, for example, ]の[ , , ]が挿入の意味を表すカンマです。
 挿入ですので、括弧に入れて読むイメージでいいかと思います。要は、

For example, a hundred doctors from different countries are much more likely to share attitudes than a hundred Britons from different walks of life.

としても伝えたい意味は変わりません。上の文でしたら主部と動詞が直結するので文の『構造』が分かりやすくなります。
 ただ、文を途中まで書いたところで、「あ、具体例だったなぁ」と思って、[ , for example, ]を挿入したのです。この挿入に騙されずに主語(主部)と動詞を見極めることが大切です。

今回のポイント

 今回のポイントは、

挿入に気をつけよう。

でした。

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

お手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です