読みにくい英文の読み方<The Last Leaf編>65

例文

The day wore away, and even through the twilight they could see the lone ivy leaf clinging to its stem against the wall. And then, with the coming of the night the north wind was again loosed, while the rain still beat against the windows and pattered down from the low Dutch eaves.

 引き続き『The Last Leaf』です。

単語の意味

wear away(weər əˈweɪ )=時がたつ(経過する)。
twilight(ˈtwaɪlaɪt )=黄昏
patter(ˈpætə)=パタパタと音を立てる。
eave(iv)=軒

構造

(1)The day wore away, and even through the twilight they could see the lone ivy leaf clinging to its stem against the wall.

(2)And then, with the coming of the night the north wind was again loosed, while the rain still beat against the windows and pattered down from the low Dutch eaves.

 オーヘンリーの癖なのかもしれませんが、今回の2文とも、『構造』を読みとりにくくなっています。
 上に『構造』を示しておきます。

読み取りにくさの理由

 上記2文とも、重要な部分に[ , ]が抜けています。
 [ , ]がないことで、読みにくい文になっています。
 それぞれの文にひとつずつ[ , ]を入れると読みやすくなります。

The day wore away, and even through the twilight[,] they could see the lone ivy leaf clinging to its stem against the wall. And then, with the coming of the night[,] the north wind was again loosed, while the rain still beat against the windows and pattered down from the low Dutch eaves.

 このように、必要と考えられる[ , ]がない文の場合であっても、よりどころは、文法知識です。
 その場合、文法的に考えられる解釈は、[ , ]を挿入する以外に、あと1つあると思います。

the twilight (which) they could see ~

と関係代名詞として解釈することです。
 が、これは成り立ちません。
 なぜなら、

the lone ivy leaf clinging to its stem against the wall.

に動詞がないからです。
 ですので、[ the twilight ][ the night ]の直後に[ , ]を挿入する解釈が文法的に正しい読み方になります。
 文脈重視ではなく、文法知識重視でまずは読み解いていくこと、これが誤読防止には最適かと思います。

[beat]は現在形?

 [ beat ]は現在形も過去形も同じつづりです。
 第2文での[ beat ]はどちらなのでしょうか?
 ヒントは、その後に出てくる[ and ]にあります。

while the rain still beat against the windows and pattered down from the low Dutch eaves.

 [and]の直後に[pattered]という[patter]の過去形があります。この[patter]の主語が[and]によって省略されています。その主語は、[the rain]です。
 そこから、[beat]は過去形の[beat]だとわかります。

和訳

 直訳調だと、

時が経過し、そして、黄昏を通してでさえ、彼らは見ることができた、たったひとつのツタの葉を、その茎にしがみついている、壁に。
そして、夜が来ると共に、北風が再び放たれた、その間、雨がまだ打ち付けた、窓に、そして音を立てていた、下へ、低いオランダ軒から。

 もう少し自然な日本語だと、

時が経過し、黄昏を通してさえ、彼らは、壁にくっついたツタの茎にしがみついているたった一つのツタの葉を見ることができた。
夜が来ると、北風が再び吹き、その間、雨が窓に打ちつけていて、低いオランダ軒から下へ雨が音を立てて落ちていた。

今回のポイント

1 文脈重視ではなく、文法知識重視でまずは読み解いていくこと。
  ⇒誤読防止に最適

---The Last Leaf編65・終---

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

お手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です