*

英文契約を結ぶなら

国際化時代の到来

現代は英語が世界共通語となった国際化の時代です。
日本も国際化と無関係ではありません。
外資系の会社が日本にもたくさん存在しています。
TPPの交渉次第ではもっとたくさんの英語圏企業が日本に押し寄せてくるでしょうし、日本から英語圏への進出も容易となっていくはずです。
国境(Border)の観念が弱くなってくるでしょう。
まさに、時代はBorderlessに向かいつつあります。
 
そのような国際化の中でも沖縄は日本の中でも特に国際化が進展した地域です。
なぜなら、米軍基地を多く有している沖縄には、たくさんの英語圏の方々が住んでいるからです。
そのため、沖縄では、日常生活において英語圏の方々と関係する機会が多いといえます。

外国人・外国企業との契約の増加

英語圏の企業(人)と接する場面として、次の類型があります。

英語圏企業(人)との売買

  • 土地・建物売買
  • 自動車売買
  • 自社製品の売買

英語圏の方との交通事故

  • 示談書作成
  • 示談書翻訳
  • 保険金請求
  • ・・・など

建築請負契約(米軍基地内など)

  • 土木工事
  • 建設工事

英語圏企業(人)との知的財産のライセンス契約

  • 著作権
  • 特許
  • 商標
  • 映像・音楽
  • ・・・など

映画作品などの輸出契約や輸入契約

  • アニメーションの輸出・輸入
  • 日本ドラマの輸出
  • 海外ドラマの輸入
  • ・・・など

英語圏での雇用契約

  • 海外進出に伴う現地での雇用契約
  • 現地でのシステムエンジニアの中途採用
  • (前の会社との間で競業制限合意があることが多い)

  • 研究開発エンジニアの中途採用
  • (前の会社との間で競業制限合意があることが多い)

英語圏企業(人)との委託契約

  • 委託加工契約
  • 委託者の委託によって、委託者の供給する原材料を使用してその指示に従い加工し、その加工物を委託者に引き渡す契約です。

  • 委託製造契約
  • 委託者の設計・指図に従って作成した完成品を委託者に引き渡す契約です。

英語圏企業(人)との保証・担保契約

  • 保証状の発行
  • Letter of Guaranty

解除契約・修正契約

  • 解除契約
  • 現在有効である契約を何らかの理由で失効させたい場合に作成します。

  • 修正契約
  • 契約締結後の事情変更により契約内容を変更したい場合に作成します。

和解契約

  • 訴訟の和解
  • 訴訟を話し合いで解決する場合に作成します。

  • Claimの和解
    主張(Claim)を話し合いで解決する場合に作成します。

お問い合わせ

 

日本と欧米(英語圏)との契約意識の違い

日本の契約意識

日本人は伝統的に “雰囲気” を重視してきました。
そのため、
「あやふやなままでの交渉」
「あやふやなままでの約束」
が多いのが日本の特徴の1つでしょう。
契約書という形で明確に文書化するのを極端に嫌う傾向が強いのです。
“雰囲気”を前提に、日本民法は信義則(民法1条2項)という規定を設けています。

民法1条2項
 権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない。

あやふやな契約であっても、最終的にはこの条項により妥当な契約内容に解釈し直してもらえるのが日本の仕組みといえます。

欧米の契約意識

契約書がすべての欧米社会

ところが、欧米の契約意識は日本とはまったく異なります。
欧米社会では【契約書】が全てなのです。
【契約書】に書かれていないことはないにも等しいと扱うのが欧米社会です。
 

「不可抗力」についての一例

「不可抗力」を巡って一例を挙げてみます。
英語では、“force majeure” と表現されるのですが、ある契約においてその不可抗力事由として、「戦争」という言葉を契約書に書いたという事例がありました。
この契約後に、スエズ動乱がおこり空爆がなされ、その影響で契約の履行が遅延等したのです。
この契約では、「戦争」が「不可抗力」事由として挙げられていましたから、一方当事者はその空爆による遅延等が「戦争」という「不可抗力」から生じた遅延だとして免責を主張しました。
しかし、この「不可抗力」による免責は認められませんでした。

免責が否定されたのは何故か?

何故か?
「戦争」というのは、法的には宣戦布告を伴う武力の行使を言います。
ところが、スエズ動乱においてなされた空爆は宣戦布告を伴わない武力の行使でした。
そうすると、この空爆は法的には「戦争」にあたらないのです。
宣戦布告を伴わない武力の行使は、法的には単なる「紛争」や「敵対行為」に他なりません。決して「戦争」にはあたらないわけです。
ですので、この空爆は「戦争」という「不可抗力」事由には該当せず免責されないという結論になったのです。
 

厳格な契約解釈をする欧米社会

なんという厳格な契約解釈でしょうか。
日本人からは理解が困難かも知れません。
しかし、このことから分かるように、欧米社会は、契約書に書かれてあることが全てであるという意識(契約意識)をとても強く持っています。
日本のように、契約書に書いていなくても “信義則” で上手く修正してくれるよ、という甘えが通じない社会なのです。

契約意識の強い欧米人(企業)と契約をするためには

法律英語知識の必要性

そのような契約意識の強い欧米と契約をするためには、当然契約書の作成は不可欠です。
契約書を作成することを前提に、
どういう条項を盛り込むのか?
という内容の勝負になってきます。
しかも、用いる言語は外国語です(このサイトでは英語に限定されます)。
加えて、法律英語ですから、法律の知識がなくては英文契約書を正確に理解することができません。
つまり、不利な英文契約を締結しないためには法律英語の知識が必要となるのです。

裁判管轄と準拠法

さらに、
紛争になった場合どの国で裁判をするのか?
紛争になった場合に、どの国の法を適用するのか?
といった問題も出てきます。
これらは、裁判管轄の問題と準拠法特定の問題で、国際私法の分野の問題です。
これらの問題も欧米の契約書ではきちんと書かれています。
どの国で裁判をするか、どの国の法を適用するかは、訴訟の結果を左右する重要事項だからです。
この問題を甘く見ると、痛い目をみるため、欧米の方々は真剣に検討してきます。
気を抜けない部分です。

お問い合わせ

英文契約書を作成するなら

翻訳士(JTF)

【英文契約サポートセンター沖縄】の代表である、真栄里孝也は、
一般社団法人 日本翻訳連盟(Japan Translation Federation)の翻訳士(第7522号)の資格を持っています。

リーガル翻訳能力検定2級(JTA)

一般社団法人 日本翻訳協(JTA)のリーガル翻訳能力検定2級の資格も持っています。

法務博士(専門職)

英文契約書を作成(翻訳)することができる人材を会社で雇うのは、コストの面でリスクが高いと思います。
私、真栄里孝也は法科大学院(ロースクール)で専門に次の法律を学びました(【法務博士】)。
 

    ≪渉外事件に関係する法律≫
        
  • 国際私法
  • 国際取引法
  • 国際民事訴訟法
    ≪国内法≫

  • 民法
  • 会社法
  • 不法行為法
  • 知的財産法
  • 独占禁止法
  • 憲法
  • 刑法
  • 刑事訴訟法
  • 民事訴訟法
  • 行政法
  • ・・・など

加えて、
ロースクール時代から、関連する英語論文を読解するなど専門英語の勉強もしております。

特定行政書士

【英文契約サポートセンター沖縄】の代表、真栄里孝也は、
特定行政書士でもあります(登録番号:14470288)。

英文契約書の作成・翻訳については、
翻訳士(JTF)かつ法務博士(専門職)で行政書士の真栄里孝也が代表を務めます【英文契約サポートセンター沖縄】にお任せ下さい。

お問い合わせ

真栄里孝也の英文契約書作成・翻訳の実績

2014年2月24日~3月31日までの5週間、
私は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州へ出張し、

  • 不動産売買の英文契約書を翻訳
  • 不動産仲介の英文契約書を翻訳
  • Escrowの英文契約書を翻訳
  • 自動車売買の英文契約書を作成
  • Trustの翻訳
  • LIVINGWILLの翻訳
  • WILLの翻訳
  • 保険解約手続

をした実績があります。
その当時の記録を2014年5月19日より、下記ブログ(業務ブログ)にて掲載しております。どうぞあわせてご覧下さい。(平日は毎日更新中です!)
 
東西南北奔走記リンク

お問い合わせ

英文契約書作成までの流れ

赤色の部分がご相談者様にご協力していただく部分です。

ご相談者様からの相談予約
 ↓
相談者様との相談実施(ご指定の場所へ直接伺うことが可能です)
 ↓
見積もり・着手金額(見積報酬額の50%)の提示
 ↓
着手金のお支払いをもってご依頼
 ↓
契約内容の精査
 ↓
精査内容の最終確認
 ↓
正式文書化
 ↓
契約書(翻訳書)を当事者へ交付
 ↓
残金のお支払い
 ↓
英文契約書(翻訳書)作成終了

お問い合わせ

英文契約書作成・翻訳の種類

  • A英文契約書和訳【英日】
  • 英語で書かれた契約書を日本語に翻訳する作業です。
    聞き取りや条項の説明など全てを含みます。時間制限はありません。

  • B和文契約書英訳【日英】
  • 日本語での契約書を英語に翻訳する作業です。
    聞き取りや条項の説明など全てを含みます。時間制限はありません。

  • C和文覚書の英訳【日英】
  • 日本語での覚え書き・約束事を英語に翻訳する作業です。
    聞き取りや条項の説明など全てを含みます。時間制限はありません。

  • D英文契約の精査【英日】
  • (1) 英語で書かれた契約書の内容を法的にチェックしてアドバイスします(アドバイス内容は書面化します)。時間制限はありません。
    (2) 日本語で書かれた契約書の内容を法的にチェックして英文契約を作成する際の注意事項をアドバイスします(アドバイス内容は書面化します)。
    (3) 翻訳は含まれません。翻訳まで希望される方は、上記ABCのいずれかをお選び下さいますようお願いいたします。

  • E簡易版の契約書【英日】
  • 上記A,B,C,Dとは違って、Eの簡易版は聞き取りや条項の説明はありません。
    英⇔日へ翻訳するだけですから、メールでのやりとりも可能です。

お問い合わせ

翻訳料

A英文契約書和訳【英⇒日】:30円〜/1word
B和文契約書英訳【日⇒英】:25円〜/1文字
C和文覚書の英訳【日⇒英】:23円〜/1文字
D英文契約書の精査:20円〜/1文字(日⇒英)、15円〜/1word(英⇒日)
E簡易版の契約書:15円〜/1文字(日⇒英)、10円〜/1word(英⇒日)
詳細は、お問い合わせください。
 

お問い合わせ




Meadow, Šljivica, Gledic mountains, Serbia
株式会社になりました!

皆さま、お世話になっております。 「英文契約サポートセンター沖縄」は

jta%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%ab%e7%bf%bb%e8%a8%b3%e8%83%bd%e5%8a%9b%e6%a4%9c%e5%ae%9a%e8%a9%a6%e9%a8%93%e7%b5%90%e6%9e%9c
JTAリーガル翻訳能力検定試験”2級”に認定されました。

【JTA 公認 ビジネス翻訳能力検定試験】 第19 回リーガル翻訳能

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e5%b8%82%e3%83%b6%e8%b0%b7
JTF翻訳祭を終えて

11月29日(火)開催のJTF翻訳祭に参加してきました。 朝の9時3

jtf%e7%bf%bb%e8%a8%b3%e7%a5%ad
JTF翻訳祭!

来る11月29日(火)に東京にて 【JTF翻訳祭】 があります。

contractjpTop.jpg
翻訳士(JTF)合格!

 3月22(火)にJTF翻訳検定の合格発表がありました。  検定に合

→もっと見る




PAGE TOP ↑